半紙挟み:表面に神代文字「サムハラ」直筆揮毫(縦390㎜×横275㎜(広た状態550㎜)限定品
other
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/6

半紙挟み:表面に神代文字「サムハラ」直筆揮毫(縦390㎜×横275㎜(広た状態550㎜)限定品

残り2点

¥2,800 税込

送料についてはこちら

半紙がそのまま折らずに挟めます。 表紙右の紺の部分に、神代アキル文字で山本光輝が「サムハラ」と揮毫しました。 直筆なので、16冊全て少しずつ違いがあります。 表紙の文字は、「曹全碑」です。「曹全碑」は中平2年(185)に刻された石碑です。後漢時代(25~220)の官吏で、武将としても有能であった曹全の功績を顕彰するために制作されました。扁平な字形と伸びやかな波磔を持つ「曹全碑」は、時に女性的とも評されます。日本にも、江戸時代後期には舶載されており、多くの書人が「曹全碑」を通して隷書を学んできました。漢時代を代表する名品の1つです。