NEWS

山本光輝の開命句について

こんにちは。光輝書法会 事務局です。

「開命句」を販売しておりますが、「開命句」に秘められた意味をご説明いたします。以下をご参照くださいませ。

*****

「 開命句 」とは、 姓名に秘められた意味を解明し、天命・使命を知らせること、そして運命を開くことを意味する句です。

この「開命句」、実は陰陽を伴っているのです。

山本光輝が皆様にお伝えしているのは、陽の句。

人は今世に行うべき「天命・使命」を担うと同時に 解消すべき「業(カルマ・羯磨)」も担って生を享けます。

陰の句は、この業の部分の句です。

山本光輝には、天意をもって陽の句が降ろされます。

この句を皆様が真摯な振る舞いをもって声に出して読まれると、不思議な事に「業」の部分が消えて行くのを感じます。

産まれながらに背負っている「業」を解消するのは、極めて困難な事だと思います。

これまでの日本人は、時間を掛け、あるいは転生しながら業の果報を成就していたのでしょう。

しかし、天は急ぎ始めました。

数十年前から山本光輝に「開命句」を伝え、時間を掛けずに「業」を消す方法を伝えました。

古来、日本には本名を知らせない習慣がありました。

「開命句」には陰の句があり、この部分を悪用させない為ではないかと思います。

言霊は、現代の私達が感じているよりも遙かに影響の強いものです。

「開命句」の説明には、【「開命句」は一種の祝詞であり、この開命句を詠んでもらった人は皆幸せになり、この句を毎日声に出して読めばその人の想い、願いが天に通じると言われています】とあります。

山本光輝の「開命句」をお持ちの方は、どうぞ日々声に出して詠んでみてください。

風姿花伝にも「この道に、二の果報あり。声と身形也。」とあります。

*****

以上、「開命句」をご購入の方は、是非お声に出してお詠みください。

光輝書法会 事務局